忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと大き目の敵を追加して、自機弾が当った時は自機弾消滅画像を表示させ、敵も明るい画像を表示させるようにしてみました。
0802.jpg
最初、当った時だけ敵の画像を変化させる方法がわからずに、色々と試していたのですが
es_chrでキャラナンバーを変えれば上手く出来ました^^

あと、小さい画像を繋げてレーザーっぽい弾も作ってみました。
これも、最初は長い画像を用意して拡大させたりコピー部分を増やしてみたりしていたんですが
やっぱり上手くいかず、小さい画像を繋げて、それらしく見せる方法しか出来ませんでした。

スコア表示も追加しています。最終的にはフォント画像を読み込んで表示させたいんですが
なかなかやり方が良くわからないんですよね・・・勉強中です^^;
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>es_chrでキャラナンバーを変えれば上手く出来ました^^

私はes_blinkでやってますよ^^
下に色違いのスプライトを重ねておき
弾が重なったら一瞬点滅と・・
しかしes_chr使った方のが処理的に
軽いですよね^^
作りなおしたいですよ

>スコア

私は場合は0〜9の画像をキャラパターンに定義しておき
二次元配列に数字とパターン番号を割り振りました
後は”/””¥”を使ってます
1の位は 点数¥10
10の位は (点数/10)¥10
100の位は (点数/100)¥10
で、それぞれの位の数字を取り出し
配列に当てはめパターン番号を調べて左から順番に
並べましたよ^^
ふろんてあ 2006/08/03(Thu)06:11:32 編集
無題
es_blinkですか〜。私も最初es_flagでどうにかならんかと考えたんですが思いつかずes_chrに落ち着きました。
しかし、画像を重ねておいて点滅させて下の画像を見せるって表現は思いつきませんでしたよ^^;

スコアは私なりに何とか上手く表示させる事が出来ましたよ^^
理解するのに、かなり時間かかりましたが(汗)
kt. 2006/08/04(Fri)04:15:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]