忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここ最近は自機の当り判定を無しにして無敵状態でスクリプトを作っていました。
で、色々と確認する為に無敵を解除したところ、自機が死んだ時に本来は何も表示されないはずなのに
何故か敵弾が勝手に自機の位置に表示されてしまいます・・・
しかも、表示されたりされなかったりで、一定の条件で発生するって訳でもなく原因を探すのに苦労しました(汗)

色々と原因を探ってみた所、自機の当り判定画像を表示させないようにするとバグが発生しない事がわかりました。
(気づくの相当時間かかりましたが^^;)
今までは自機が敵か敵弾に当った時に自機の当り判定画像を削除していたのですが、そうするのではなく
自機が復活するまでのカウントをしている変数で削除するように
if (jikicnt<250)&(jikicnt>150) : es_kill 700
みたいにすれば表示されなくなり、なんとかバグ取りする事が出来ました^^

これからも、ちょこちょことバグ取りしなければならないと思うと憂鬱です・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]