忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

巡音ルカとcubaseでボス前の警告音のような感じで「Danger」音を作ってみました↓
http://file.ktstg.blog.shinobi.jp/danger2.mp3
う~ん・・・なんか違う感じもしますが(汗)

作り方としては、まず巡音ルカで、でんじゃーとしゃべらせます。こんな感じ↓
http://file.ktstg.blog.shinobi.jp/danger1.mp3

これをcubaseで読み込んで、オクターバーとボイスチェンジャーで加工して
フランジャーとディレイを掛けて作成しました。
s-danger1.jpg
オクターバーはoctaver12Bと言うVSTを使って、ボイスチェンジャーは
UltraVoiceと言うVSTで加工しています。

ただ、こう言う機械的な声だと、まぁエエかな?とも思うのですが、もっと人間ぽく
しゃべらせると、どうもマヌケな感じでイマイチなんですよね。
パロディウスには使えるけど、グラディウスには使えない感じ。
なかなか難しいです。
ちゅうか、自分でしゃべった方が良いような気がしてきました^^;
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ボコーダーぽいですね。
長い英文喋らせて、何言ってるか聞き取れないけど何か言ってる、みたいな演出したら雰囲気でそうですね。

デンジャーとかワーニンとか短い単語だと、素の声のまま音程つけて、英語発音でしゃべらせると、結構かっこよくなりそうな感じがします。
グラディウスのスピーダッとかミソゥとかアープシュンとかリポゥルェイズァみたいのを女声で、て感じで。
…ってルカいじった事ないんで好き勝手言ってますが、実際はやっぱ難しいんでしょうね…。
マクセル 2009/03/22(Sun)00:43:12 編集
無題
マクセルさん>
英語発音でも色々とやってみたんですが、どうもカワイクなってしまうんですよね・・・
ちゅうか英語発音がイマイチな気がします>巡音ルカ
kt. 2009/03/22(Sun)01:34:38 編集
無題
ありゃ英語イマイチなんですか。
結構ウリっぽいけど残念ですね。
ジェンダー滅茶苦茶な値にしておばちゃん声にしてしまうとか…でもそうするとオペラ歌手みたいになっちゃうんですかね(ミク同様)。
ボーカロイドって、もうちょっとでなんとかなりそうで微妙になんとかならない感じですよね。やはり元のキャラクターから離れようとするのに無理があるのか…
マクセル 2009/03/22(Sun)21:50:52 編集
無題
マクセルさん>
私の調整が悪いのかもしれませんが、どうも不自然な感じなんですよね。英語に関しては、まだまだ改善の余地があるんじゃないかと感じました。
そもそも、ボイスとして使うのが間違ってるって事でしょうか^^;
kt. 2009/03/23(Mon)03:16:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]