忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

注文していた怒首領蜂大往生アレンジアルバムが到着しました。
s-DSCF7526.jpg
25日正午注文で28日到着なので、今回はちょっと時間掛かったな?と言う感じ。
送料は、ちゃんと580円になっていました^^

で早速聴いてみましたが、前回のケツイアレンジ同様に今回も個々のアレンジャーの個性が
出ていて聴いていて面白いです。
個人的に良かったのは・・・
01.霧警 Select(福田裕彦/山岸由香)
80年代レトロを目指したって事で、ドラムにTR-909、ピアノもCP70を使ってるそうで
(どちらも80年代に一世風靡した楽器です)更に音色もPSGっぽい音が使われていて
おっさん涙目です^^;
後半のコーラスが入る辺りがとてもカッコ良かった。

02.東亞 Stage1(渡部恭久)
サビの部分がどことなく首領蜂っぽいな~と思っていたら、90年代初頭のゲームミュージック
アレンジ風味って事で納得って感じでした。
こちらも後半の盛り上がりが良かったです。

03.焚身 Boss(高橋コウタ)
原曲のギターを生ギターに置き換えたようなアレンジなのですが、途中から優しい感じの展開に
なったりして、ちゃんとストーリーを考えて作られているようです。

04.獲者 StageClear(梅本竜)
原曲がとっても短い曲なのに5分近い曲になってるのは凄いなと。
コーラスにAquesTone(フリーのVST)を使ってるそうなのですが、こんなに上手く歌えるんや!
と感心しました。

06.凄舞 Stage3(TECHNOuchi)
テクノアレンジって感じですね。淡々と進んでいく曲の展開が良かったです。

07.錯節 Stage4(山下絹代)
原曲は重い感じのイメージですが、ちょっと軽い感じのイメージになってます。
追加された?ピアノのメロディが原曲のメロディと合わさって良い感じ。

09.黄流 LastBoss(桜庭統)
どことなくRPGのボス戦って感じになってます。途中の変拍子なんかが如何にも桜庭氏って感じ。

と言った感じで、今回もかなり満足なアルバムでした^^
プロデューサーの浅田氏がケイブに関わるようになってから、かなりユーザーの事を考えて
くれているような印象を受けます。(今までもユーザーの事を考えてくれていたと思いますが)
この調子で他のケイブゲーのアレンジアルバムなんかが出ると嬉しいですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]