忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヴァーチャルコンソール版サマーカーニバル92'烈火を購入しました^^
s-DSC00984.jpg
ファミコンカートリッジ版も持っているのですが、3DSだと手軽に遊べて良いですね。
しかも、超プレミアソフトだったのでお安くプレイ出来るのもGOOD

s-DSC01000.jpg
で、喜んでプレイしているのですが、移植度は概ね問題ないかなーと言う感じなのですが
現在の事情に合わせてボムの時のフラッシュの点滅回数が少なく?なっていたり
画面全体が暗いようになっている気もします。

ファミコン版は自機のスピードをセレクトボタンで調整するのですが、3DS版だとセレクトの他に
Yボタンでも調整出来てプレイしやすくなっています。
欲を言えばボタンコンフィグも欲しかったところではありますが^^;

ただ気になったのが音楽。特に2面の曲のオーケストラヒットが延々となり続けるといったバグが
ありました。そして、そのオーケストラヒット自体も実機と比べると鳴り方がおかしい感じ。
ちょっと実機と3DSで比べてみました↓
http://file.ktstg.blog.shinobi.jp/recca_s2_fcvc.ogg

最初がファミコン版で後が3DS版なのですが、3DSのはオーケストラヒットが上手く切れてない感じ
まぁ、プレイするのには支障はないのですが出来る事なら修正してほしいポイントですねー。


Twitterを見てると難しい!って声を良く見かけるので、自分なりのプレイ方針を書いてみます。
・自機の装備はHかL
・しかしHやLは初期段階では弱いので、最初はBとかVを育ててからHやLに変更が良いかも。
・途中で死んでしまった時の復活にはBがオススメです。

・オプションはS
・ボムを溜めている時でもオプションの弾は発射させておく
・オプションで敵弾をふせぐ事が出来る

という事を念頭にプレイしていけば道中はそれほど難しくはないと思います。
ボス戦に関しては、基本的にはボムで倒すことを考えないと無理ゲーになってしまいますので
ボムを溜めつつオプションの弾で雑魚敵を倒し、隙を見てボムを撃つって感じが良いかと。
ボス攻略についてはリンク先の夢の島さんの烈火攻略記事が参考になると思います↓
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/zapzap/recca/recca_top.htm

s-DSC01001.jpg
正直、こんな弾幕をバリア無しで避けるのは無理ってもんですw

s-DSC00995.jpg
Lを一番強くするとレーザー+サーチになるので非常に強力な武器に。
ちょっと隙が出来るのですが、自分はこの武器が一番好きです^^

s-DSC00998.jpg
2面途中から逆スクロールになるのですが、この場面で曲調が変わるのと同期してるのが
とてもカッコイイんですよね~

と言った感じでかなり楽しんでいるのですが、烈火をクリアした時にリセットしてから
始めると裏烈火が始まるんですよね。表面が全4面なのに対して裏面は全7面という
力の入れようで、私はまだクリアー出来ていないので、裏面クリア出来るようにボチボチ
遊んで行こうかなーと思ってます。
ヴァーチャルコンソールだと途中でやめても再開が楽なので遊びやすくて良いですね^^
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]