忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日キャラや背景などを3D化してみたのですが、背景は出来れば奥から手前に向かって
大きくなっていくような感じにしたいなぁと思っていて、とりあえずカメラアングルを変更出来る
プログラムを作って、色々と試してみました。
こんな感じ↓

左右キーでカメラの水平方向回転値を変更
左シフトキー+左右キーでカメラの捻り方向回転値を変更
上下キーでカメラの垂直方向回転値を変更
K⇔Hでオブジェクト出現位置x軸座標を変更
U⇔Jでオブジェクト出現位置y軸座標を変更
Z⇔Aでオブジェクト出現位置z軸座標を変更
X⇔Sでオブジェクト回転
C⇔Dでオブジェクト移動スピード変更
V⇔Fでオブジェクト出現率変更
以上の変更が出来るようにしています。

プロジェクトファイルはコチラ↓
http://file.ktstg.blog.shinobi.jp/3d_haikei.zip

背景の表示方法としては、メタセコイアで↓こんなモデルを作って連続して表示させています。
s-WS000810.jpg

カメラアングルの変更もとても簡単に出来て
SetCameraPositionAndAngle( VGet( 0.0f, 0.0f, 0.0f ), VRotate, HRotate, TRotate ) ;と言う
命令を使用してVRotate, HRotate, TRotateの値を弄るだけでグリグリと動かす事が出来ました
ホント、DXライブラリ様様って感じですね^^

とりあえず、こんな感じで背景表示させて、モデリングをもうちょっと頑張れば良いかなーと
思っていたのですが、良く考えてみるとカメラアングルを変更してしまうと、キャラのアングルも
変わってしまうんですよね。
背景のアングルだけ3Dっぽく変化させて、キャラだけは2D処理のまま3D表示ってのが
出来なくなってしまいます。
なにか良い方法はないものかと、色々とリファレンスを読み漁っています^^;
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>背景のアングルだけ3Dっぽく変化させて、キャラだけは2D処理のまま3D表示

なんとなくおもいついた事を

1・カメラはそのままで背景モデル自体を動かす

2・背景のモデルを表示してカメラアングルを変更したあとそれを画像としてバッファにコピーして背景画像として表示

むりですかねぇ?
モノブロス 2010/05/15(Sat)01:12:18 編集
無題
モノブロスさん>
私も思いつくのは1の方法なんですが、ソレだと背景の角度を変えたりするのがメチャクチャ大変になるんですよね...
3D難しいです^^;
kt. 2010/05/15(Sat)20:09:36 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]