忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネットを徘徊していたら、とても楽しいソフトを発見しました^^
Rebirthと言う音楽作製ソフトなのですが、簡単に言うと実際にあるシンセサイザーのベースとドラムを
シミュレートして鳴らせるシーケンサーソフトのような感じです。
それだけ聞くとあんまり大した事じゃないみたいですが、このシミュレートしているシンセサイザーと言うのが、ローランドのTB-303(ベース)、TR-808(ドラム)、TR-909(ドラム)と言う機械で
特にTB-303は、テクノミュージシャンで使用していない人はいないんじゃないかと思うくらい名器中の名器です。

友人が持っていたのを触らせて貰った事があるのですが、独特のビヨビヨしたベースが特徴的で、いかにもテクノって感じの音が出せます。
しかもこのソフト、開発が終了しているとかでフリーです!
これは使ってみたい!と思い早速導入してみました。

まずRebirthmuseumに行きDownloadsからCDロムのISOイメージをダウンロードします。(無料の登録が必要)
次に、そのISOイメージをDAEMONツールで仮想CDにマウントしても良いですし、CDライティングソフトでCDに焼いても良いので
ドライブにCDをマウントしてインストールでOK。
起動すると↓こんな感じです。
12_101.jpg
上からTB-303、TB-303、TR808、TR909と並んでいます。
それぞれの機械に32パターン登録できるので、色々登録してsongmodeで登録したパターンを組み合わせていけば
シーケンサーとして使用出来ます。

で、簡単な曲を作ってみました↓
サンプル曲(右クリックで対象をファイルに保存で保存して下さい)
相当圧縮したので、ちょっと音がおかしいです(汗)
ベース2音しかないので複雑な曲は難しいかもしれませんが、ミニマルっぽい曲なら全然作れそうな感じです^^

こう言う曲が出来るんだったら・・・と思って新たに別のSTGを作ってみようかと思ってしまい、ちょっと作ってみました↓
12_102.jpg
テクノの曲に合わせてエンドレスで敵を倒していく・・・みたいなイメージで作ってます。
曲とゲームが同期できたら最高なんですが、まだまだ色々と考えている段階です。
今作っているSTGの合間に作っていこうかと思ってます^^
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]