忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バーチャルコンソールで気になっていた罪と罰をダウンロードしてみました。
s-DSCF5497.jpg
このソフト、作製は「斑鳩」で有名なトレジャー、音楽は「スタークルーザー」で有名な山中季哉氏
が関わってるって事で(山中氏といえばナイトアームズも忘れちゃいけません)
当時とてもプレイしたかったんですよね。
でも、このソフトの為だけにN64を買う気はしなかったので、当時はプレイしないままでした。
バーチャルコンソールで配信されている事を知った時には、すぐにでもプレイしたかったのですが
N64のコントローラは特殊な形をしており、Wiiリモコンではとてもプレイ出来そうになかったので
とりあえずスルーしてたんですが、近所のゲーム屋にGC用のコントローラが安くで売っていたので
購入して早速ダウンロードしてみました^^
s-DSCF5504.jpg
このゲームはアクションシューティング?とでも呼べば良いのでしょうか。
このコントローラで遊ぶ場合は、左手で自機移動と弾発射、右手で照準移動とジャンプ
って感じで遊びます。

ゲームプレイ画面はこんな感じ↓
s-DSCF5500.jpg
自機を左右とジャンプで動かしつつ、照準を敵に合わせて(自動照準も可能)敵を撃つって感じで
ゲームを進めて行きます。
最初はこの操作方法に戸惑いましたが、遊んでいくうちに慣れてきて思い通りに動かせるようになってきます。

ゲームを進めていくと、所々でボス戦になるのですが、このボス戦が良く出来ていて
最初は全然倒せないのですがボスごとに攻略方法があり、それがわかってくると上手く倒せるように
なっているのですが、この難易度調整が絶妙でプレイする度に上手くなっていく感覚が
とても良いです。

s-DSCF5503.jpg
ステージによっては強制的に2D画面になり進んで行く場面もあります。

そして、こういうアクションシューティングにしては珍しく、とてもしっかりしたストーリー設定があり
ストーリー展開も楽しめる内容になっています。
最初にプレイした時は何の事がまったくわかりませんでしたが、何度かプレイする内に
ストーリーがわかってきて、エンディングでは唸りました^^

エンディングまでの総プレイ時間もそれほど長くありませんし、やり込み要素もあるので
サクッと遊べてなかなかお勧めですよ^^

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]