忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日から作製していたC++/DXライブラリとHSP+HSPDXFIXでの動作速度検証プログラムが
何とか出来たので公開してみます。ダウンロードはコチラ↓
C++とHSPでの動作速度検証プログラム(右クリック→対象をファイルに保存で保存して下さい)
一応、両方のソースファイルも入っていますが、とっても汚いです^^;

プログラムとしては背景を2重スクロールさせて、ボスと自機を表示し、敵弾を撃たせて
自機と敵弾の当たり判定を行っています。
敵弾最大数は10000発としました。
A⇔Zキーで敵弾発射間隔を変更出来ます。
S⇔Xキーで敵弾速度を変更出来ます。
どちらのプログラムもなるべく同じような(プログラム的な)動作になるように作製したつもりです。
間違ってるかもしれませんが(汗)
何か不具合があったら嫌なので、ウインドウモードで動くようにしています。

で、家にあったパソコンで早速動かしてみました。
***1台目***
スペックは
Core 2 Duo T7250
メモリ2GB
GeForce 8600MGT 256MB
windows XP

C++/DXライブラリ時
s-c2d2.jpg
敵弾10000発撃たせてもFPS60キープ

HSP+HSPDXFIX時
s-c2d1.jpg
敵弾10000発撃たせるとFPS14まで低下


***2台目***
スペック
セレロン2.8G
メモリ384MB
mobility radeon 9000/9100 IGP 128MB
windows XP

C++/DXライブラリ時
s-cel282.jpg
敵弾10000発撃たせるとFPS39程度

HSP+HSPDXFIX時
s-cel281.jpg
敵弾10000発撃たせるとFPS9程度。かなりしんどそう。


***3台目***
スペック
Mobile Pentium4-M 1.7G
メモリ512MB
Mobility Radeon 16MB
windows 2000

C++/DXライブラリ時
s-p172.jpg
敵弾10000発撃たせるとFPS15程度。

HSP+HSPDXFIX時
s-p171.jpg
敵弾10000発撃たせるとFPS8程度。コマ送りみたいな感じです。
といった結果になりました。

この検証プログラムが正しいとすると、私の思っていた以上にC++/DXライブラリの方が
動作速度が速そうです。
と言う事で、次回作はC++で作製して行こうかと思っているのですが、技術的に全然なので
まずはこのプログラムを膨らましていく感じで、ミニゲーム的な物を作ってみようかと思っています。
とりあえずの目標は、各々の動きを関数にして読み込めるようにして
分割コンパイル出来るようにしてみます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]