忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

C++でのゲームの作製方法というか、どういう風に作って行けば良いのか?ってのが
良くわからないので、色々なゲーム作製解説サイトさんを読んでいっているのですが
0からのゲームプログラミングさんで知ったのがリスト構造という物で、この方法が使えると
プログラム的な無駄が無くなりそうで良いな~と思って、解説を読んでみました。

ちなみにリスト構造が使えると・・・
今までだと、敵弾を撃たせる為に配列変数を使って撃たせていたのですが
そうすると↓こんな感じで書いています。
for(i=0;i<1000;i++){
if(enemy[i].etf==0)
/*敵弾処理*/
}
この場合、弾を撃っていても撃っていなくても1000回は繰り返してしまい無駄が多いです。

でも、リスト構造という仕組みを使えば、撃っている弾の分だけの繰り返しで済むみたい
なんですよね。
で、解説を読んでみたのですが、ここで出てくるのがポインタ。
ポインタ自体の解説を本などで読んでみると、仕組みはなんとなくわかるのですが
だからなに?って感じなんですよね。イマイチ使い方というか使いどころがわからんと言うか。
でも、このリスト構造は是非とも使えるようになりたいので、もうちょっと勉強してみようと
思っています。
この仕組みが理解出来たら、タスクシステムなんかも組めそうな気もしますしね^^;

あと、ブログのタイトルをC++/HSPでSTGを作っていく blogに変更しました。 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
奇遇ですね
実は僕もタスクシステムに興味があって、「リスト構造」を研究している最中だったりします。
ご多分に漏れず「ポインタ」のところで躓きかけているのですが、頑張って実装してみたいなぁと思ってます。
モイモイ URL 2008/11/20(Thu)07:57:03 編集
無題
松浦健一郎著書の「シューティングゲーム プログラミング」って本にタスクシステムの実装方法が載っているので立ち読みされたら良いと思います。
同じ著者の「シューティングゲームアルゴリズムマニアックス」も過去のSTGの色々なアルゴリズムが解説(ソース付)されていて面白いです。
NONAME 2008/11/20(Thu)09:29:40 編集
無題
モイモイさん>
リンク先のPlayLoud!!さんで、タスクシステムを使ったプログラムが掲載されているので参考にされると良いかもしれません。

NONAMEさん>
アドバイスありがとうございます。
シューティングゲーム プログラミングは気にはなっているのですが値段が高いので買うかどうか迷ってるんですよね。
シューティングゲームアルゴリズムマニアックスは既に入手済みです^^
kt. 2008/11/20(Thu)16:47:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]