忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日からプチコンでSTGを作っているのですが、BGMや効果音を確認するのに
いちいちBGMPLAY 3とかBEEP0,2とか入力して演奏させて確認していて、とても面倒だなーと
思ったので、簡単なBGM&効果音プレイヤーを作ってみました。
こんな感じ。
s-DSC04150.jpg
リストはエントリ最後に掲載しておきます。
Bボタンで効果音再生
Aボタンでピッチを0に
↑↓ボタンで波形選択
←→ボタンでピッチ変更
YボタンでBGM再生
XボタンでBGMストップ
LRボタンでBGM選択
が出来ます。

そして、コード表を見ているとタッチパネルも弄れる事がわかったのでタッチパネルでも
選曲出来るようにしてみました。
一番右のボタンを押すとBGMと効果音を変更出来ます。
s-DSC04151.jpg
こう言うの作るときのグラフィックのセンスが欲しいです^^;
タッチパネル操作の命令は押した場所を取得するTCHX/TCHY命令以外にも
タッチしているかどうか?とか、タッチしている時間の取得も可能なので、アイデア次第で
色んなゲームが作れそうですね^^

今回悩んだのが、タッチパネルに任意の数字を表示する方法。
PNLSTR命令を使えば文字列は表示出来るのですが、普通の変数だと表示出来ないんですよね。
例えばPNLSTR X,Y,"XXYY",0と書けばXXYYと言う文字は表示されますが
XXYY=0:PNLSTR X,Y,XXYY,0と書いても0は表示してくれなくてエラーになってしまいます。
で、説明書を熟読していくとSTR$()命令が目につきました。説明には数値から文字列を得ると
書いてあるので、コレを使えば上手く出来そうやなーと思ってやってみたら上手く出来ました^^
X=0
XXYY$=STR(X)
PNLSTR X,Y,XXYY$,0
と書けば、タッチパネルに0を表示してくれます^^

今回もリスト掲載の為に画面を撮影したのですが、プログラム入力画面が右端までいくと
折り返さずに右にスクロールするので、撮影&画像加工が面倒なんですよねぇ^^;
何か良い方法がないものでしょうかねぇ・・・

内蔵BGM&効果音プレイヤーリスト(画像クリックで拡大されます)
s-201103171.jpg
s-201103172.jpg
s-201103173.jpg
s-201103174.jpg
s-201103175.jpg

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]