忍者ブログ
まったくのプログラミング素人の筆者がC++/HSPを使用してSTG(シューティングゲーム)を作っていく過程を書くブログでしたが最近は脱線気味。プログラミング以外にも、ゲーム関連の記事、日々の戯言など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

折角TNS-HFC3を購入したので何かnsfを作りたいなーと思って、ダライアスのCAPTAIN NEOを
VRC7(ラグランジュポイント)で作ってみました。

s-DSCF9221.jpg
nsfファイルはコチラ↓
http://file.ktstg.blog.shinobi.jp/captainneo.nsf

mp3ファイルでもアップしておきましたが、実機演奏とVirtuaNSFで2種類上げてみました。
まずはTNS-HFC3を使った実機演奏Ver↓
DARIUS-CAPTAIN NEO(TNS-HFC3)(右クリック→対象をファイルに保存で聴いてください)

DARIUS-CAPTAIN NEO(VirtuaNSF)(右クリック→対象をファイルに保存で聴いてください)

VirtuaNSFで聴いていた時も特に違和感は感じてなかったのですが、実機演奏と比べると
結構違うもんなんだなぁと思ったり。

今回、初めてVRC7を使ったのですが、使い方が全然解らなくて苦労しました^^;
まず、先頭に#EX-VRC7と記述します。使用できるチャンネルは6つでトラックG,H,I,J,K,Lが
使用可能です。
なのですが、私はずっと好きなチャンネルに自分で定義した好きな音色が使えるのだと
思っていたのですが、実はそうではなくて自分で定義して音色は1チャンネルしか設定出来なくて
残りのチャンネルには元から内蔵されている決まった音色しか使用出来ないんです。
つまり、自分の好きな音1音+内蔵音色の組み合わせしか出来ないって事で、結構大変です^^;

そんな制限があるとは知らずにアレ?おかしいなぁと思ってTwitterでつぶやいていたら
親切な方に教えて頂きました^^
この制限はOPLLを使っていたセガマークIIIやMSXのFMPACでも同じようで、そう思って
今までの曲を聴くと更に凄く感じでしまいますね^^;

ついでにニコニコ動画にもアップしてみました↓

ドラムだけ勝手にアレンジになっています^^;
しかし、実機とエミュレータでは結構音や音量バランスが違っていて、どっちに合して調整すれば
良いのか悩みました。
特にエミュレータの場合は使うソフトによっても変わってくるので余計にややこしいですよね・・・
でも、ファミコンからFM音源の音が流れてくるのは結構感動モノです^^
って事で、次はVRC6(悪魔城伝説)を使って何か作りたいなーと思いつつ、ゲーム製作もしたいので
どうしようかなーと悩み中です^^;
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ゲーマータグ
Twitter
携帯百景
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[11/24 kt.]
[11/24 kt.]
[11/24 NONAME]
[11/23 NONAME]
[10/05 tejas]
プロフィール
HN:
kt.
HP:
性別:
男性
自己紹介:
STG大好きな40歳。
プログラミング経験は昔ファミリーベーシックでちょっとさわったくらい。
好きなSTGは、怒首領蜂大往生、エスプガルーダ(2)等の弾幕STGやら雷電シリーズなんかの非弾幕、バトルガレッガ、グラディウスシリーズ、R-TYPE等、STGなら何でも好きです。
音楽がカッコイイSTGが特に好きで、並木学氏は最高!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]